【スポンサーリンク】

クイン・クックがレイカーズに復帰をアピール?

クイン・クックがレイカーズに復帰をアピール?

ロサンゼルス・レイカーズは現地27日にニューオーリンズ・ペリカンズに敗れ、NBAプレイオフ進出がますます難しい状況となった。

NBAオールスターのレブロン・ジェイムスも大一番を落としたことに強い不満を感じ、試合後に「僕たちのチームにはプレイオフゲームでプレイしたことがない選手が多く、彼らは長い出場時間を得ている」とコメント。

マリク・モンク、ウェニエン・ゲイブリル、オースティン・リーブス、スタンリー・ジョンソン、テイレン・ホートン・タッカーの名を出し、「彼らにビッグゲームを理解してもらおうとしているところだ」などと語った。

ジェイムスのこの発言に、元レイカーズのクイン・クックが反応した模様。

larrybrownsports.comによると、クックはジェイムスの発言を受け、次のようにコメントしたという。

神の御加護により、僕は今季NBAからコールアップされる。

僕のキャリアの中で最も誇りに思う瞬間になるだろう。

数ヶ月前の僕はどん底にいたからこそ、これまで勝ち取ったチャンピオンシップを大切にしている。

僕は人生で最悪の時にいたが、神が乗り越えさせてくれたんだ。

絶対に諦めないよ。

クックは2018年にゴールデンステイト・ウォリアーズの一員として、2020年のレイカーズの一員としてNBAチャンピオン輝いた実績を持つ。

だが、今季はNBAチームからオファーをもらえない状況が続いており、現在はサクラメント・キングス傘下のGリーグチームでプレイしながらNBA復帰のチャンスをうかがっている。

しかし、ベテランポイントガードのDJ・オーガスティンを獲得したばかりのレイカーズがクック獲得に動くことはないだろう。

クックにとって辛い時間はまだ続きそうだが、強いメンタルでNBA復帰を果たしてもらいたいところだ。

なお、クックのGリーグでの今季スタッツとNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数7188
平均出場時間34.114.1
平均得点24.06.4
平均リバウンド4.41.7
平均アシスト6.11.6
平均スティール1.10.3
平均ターンオーバー2.40.7
FG成功率55.7%46.1%
3P成功率48.7%40.8%
フリースロー成功率94.7%79.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA