【スポンサーリンク】

ジャ・モラントが膝掴みのジョーダン・プールに「掟を破った」

ジャ・モラントが膝掴みのジョーダン・プールに「掟を破った」

現地7日に行われたメンフィス・グリズリーズとゴールデンステイト・ウォリアーズのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第3戦で、NBAオールスターのジャ・モラントが膝を痛めた。

モラントはボールを保持しようとしたところ、背後にいたジョーダン・プールに膝を掴まれ、この時に負傷したと見られている。

モラントは試合後のメディアインタビューに応じず、足をひきずってアリーナを後にしたというが、モラントはプールのプレイがダーティーだったと感じているのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、モラントはSNSに「掟を破った」というコメントを投稿し、その後削除したという。

ディロン・ブルックスがゲイリー・ペイトンⅡにハードファウルを仕掛けた時、ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCは「掟を破った」と厳しく指摘。

モラントのこのツイートはカーHCに対するアンサーと見られている。

グリズリーズは第3戦を落とし、シリーズを1勝2敗とした。

もしモラントが残りのシリーズを膝の痛みと戦いながらプレイしなければならないなら、グリズリーズは厳しい試合を強いられるかもしれない。

なお、グリズリーズのテイラー・ジェンキンスHCはモラントの怪我について以下のように語っている。

彼は今、評価されているところだ。

彼はルーズボールを追い、ジョーダン・プールが彼の膝を掴んで引っ張った。

何が起こったのか私も知りたい。

この件についてはリーグにチェックしてもらう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA