【スポンサーリンク】

デイミアン・リラード「僕はNBA史上最高のラッパー」

デイミアン・リラード「僕はNBA史上最高のラッパー」

ポートランド・トレイルブレイザーズのNBAオールスターポイントガード、デイミアン・リラードは、ラッパーとしても活動している。

“Dame D.O.L.L.A”名義で音楽活動を続け、この夏には「Different On Levels The Lord Allowed」というニューアルバムをリリースし、話題を読んだリラード。

そのリラードが先日、音楽活動に関するインタビューに応じた模様。

fadeawayworld.netによると、「君はNBA史上最高のラッパー?」と質問されたリラードは、以下のように答えたという。

イエスだ。

迷いはなくそう答えるよ。

僕とシャックはクールさ。

僕たちのやり合いを見た人々の多くは、僕たちが互いを嫌っていると思っただろうね。

だが、僕としてはただ思っていることを言っただけだ。

人々はいつもこう言う。

「シャックはプラチナアルバムを手にした」とね。

だが、シャックは強大なスターのようなものさ。

彼はアイコンレベルに違い存在なんだ。

今の時代は誰もがラップをしている。

以前とは異なる状況になっている。

もちろん彼のような道を歩みたいとは思うが、僕の曲と彼の曲をすべて聴いてもらえたら、「デイムはNBA史上最高のラッパーだ」と思ってもらえるだろうね。

シャキール・オニールのデビューアルバム「Shaq Diesel」は、プラチナアルバムとなるほどの人気を博した。

オニールとリラードはこれまで度々ディスり合っているが、両者ともNBA史上最高のラッパーの座を譲ることはないだろう。

オニールとリラードにはいずれフリースタイルでバトルし、決着をつけてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA