【スポンサーリンク】

ケリー・ウーブレ「ラメロ・ボールはNBAオールスター」

ケリー・ウーブレ「ラメロ・ボールはNBAオールスター」

昨季のNBAルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたシャーロット・ホーネッツのラメロ・ボールは、NBAキャリア2年目となる今季も素晴らしいパフォーマンスを見せている。

今季のボールはチームトップとなる平均リバウンドと平均アシストを記録。

また、平均得点においてはチームのトップスコアラーであるマイルズ・ブリッジと0.3得点しか差がない。

ホーネッツもNBAプレイオフ進出圏内であるイースタン・カンファレンス8位につけていることから、ケリー・ウーブレによると、ボールはNBAオールスターに選出されるべきだという。

ウーブレはボールについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼はオールスタークラスの選手だ。

彼はどのカテゴリでもゲームにインパクトをもたらすことができる。

彼がどんな選手なのかということを証明しているよね。

彼がオールスター選手なのは間違いない。

僕は彼に票を入れている。

彼は間違いなく僕の票を得ている。

他のNBA選手の票も集まっているはずさ。

ボールはNBAオールスター投票第1回途中経過で、イースタン・カンファレンスのガード部門5位となる票数を獲得した。

シカゴ・ブルズのデマー・デローザン、ブルックリン・ネッツのジェイムス・ハーデン、アトランタ・ホークスのトレイ・ヤング、ブルズのザック・ラビーンに次ぐ票数を獲得したことから、ボールが高く評価されているのは間違いないだろう。

果たしてボールはNBAオールスターに選出され、名実共にNBAスターの仲間入りを果たすことができるだろうか?

なお、ボールの昨季と今季のスタッツは以下の通りとなっている。

2020-212021-22
出場試合数5134
平均出場時間28.831.7
平均得点15.719.3
平均リバウンド5.97.4
平均アシスト6.17.8
平均スティール1.61.7
平均ターンオーバー2.83.0
FG成功率43.6%42.4%
3P成功率35.2%38.1%
フリースロー成功率75.8%86.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA