【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがナシール・リトルのダイブに「バッドプレイ」

カイリー・アービングがナシール・リトルのダイブに「バッドプレイ」

ブルックリン・ネッツのNBAオールスターガード、カイリー・アービングが、現地10日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦で今季2試合目の出場を果たした。

試合はブレイザーズが勝利したわけだが、試合の内容だけでなく、ブレイザーズのナシール・リトルのプレイに話題が集まっている。

リトルはルーズボールを追うため、アービングの背後からボールに向かってダイブ。

足をすくわれたアービングは痛みで顔を歪め、しばらくその場から立ち上がらなかった。

このプレイについて、アービングが言及した模様。

アービングによると、リトルのダイブは「バッドプレイ」だったという。アービングのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

バッドプレイのひとつだ。

僕はただコースから外に出そうとしていた。

彼はボールから離れていたから、ダイブする必要はなかったんじゃないかな。

僕はレフェリーにこう要求したんだ。

「君たちはコートにいる選手たちを守らなければならない」とね。

ナシールがボールを奪いたかったのは分かる。

だが、あれはバッドプレイだ。

バスケットボールにおいて、あれはグッドプレイではない。

僕たちのゲームにおいて、あのようなプレイはすべきではない。

ナシールの意図は分かる。

だが、避けることができたはずだ。

アービングはこのプレイにより左足首を痛め、明日のシカゴ・ブルズ戦のステータスは「クエスチョナブル」となった。

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは昨季、ルーズボールの際にダイブしてきたソロモン・ヒルと接触して足首を負傷すると、長期離脱を余儀なくされた。

リトルのダイブはそれを思い起こさせるようなプレイだったが、アービングに大きな怪我がなかったのは不幸中の幸いだろう。

なお、元NBA選手のJJ・レディックはリトルのダイブについて「ダーティープレイではない」とし、リトルはダーティープレイという批判について以下のように反論している。

僕は誰かを意図的に怪我させるようなことは絶対にしない。

僕はカイリーを最大限リスペクトしている。

だが、これがバッドプレイだと思うなら、君たち全員の妄想さ。

同じ場面があれば、僕はまたやるだろう。

君たちの議論は、僕にとってはどうでもいいことだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA