【スポンサーリンク】

フランク・ジャクソンがピストンズと2ウェイ契約

オフシーズン中にオクラホマシティ・サンダーと2年契約を結んだフランク・ジャクソンは先日、サンダーからウェイブされた。

サンダーのロスターにはすでに完全保証契約の選手が15人登録されているため、一部保証のジャクソンがカットされたわけだが、それから4日後、新天地を見つけることに成功したようだ。

ESPNの記者によると、ジャクソンはピストンズと2ウェイ契約を結んだという。

ジャクソンは2017年のNBAドラフト2巡目1位指名でNBA入りすると、ルーキーシーズンはニューオーリンズ・ペリカンズの主力のひとりとして活躍。

だが、昨年夏のトレードでロンゾ・ボールやジョシュ・ハートなどが加わったことにより、NBAキャリア2年目は出場時間が減少していた。

ジャクソンはまだ22歳と若く、成長の余地が大いにあるため、ピストンズで実績を残して今後のNBAキャリアに繋げたいところだ。

なお、ジャクソンの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数59120
平均出場時間13.516.4
平均得点6.37.2
平均リバウンド1.41.8
平均アシスト1.01.1
平均スティール0.30.4
平均ターンオーバー0.80.8
FG成功率40.5%42.2%
3P成功率32.6%31.9%
フリースロー成功率74.7%74.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA