【スポンサーリンク】

ゴードン・ヘイワードがオプションをオプトアウトでFAに

ボストン・セルティックスの元オールスターフォワード、ゴードン・ヘイワードが、FA市場を試す決断を下したようだ。

The Athleticの記者によると、ヘイワードはNBA2020-21シーズンの3400万ドルのプレイヤーオプションをオプトアウトし、完全FAになることを決断したという。

ヘイワードはセルティックスにとって重要なプレイヤーのひとりだが、スコアリングの役割は若手のジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンにシフトしており、ヘイワードの役割は今後も減少すると予想されている。

ヘイワードにはキャップスペースに余裕があるニューヨーク・ニックスやアトランタ・ホークスなど複数のNBAチームが興味をもっていると噂されており、今後の契約交渉に注目が集まるところだ。

なお、ヘイワードの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数52641
平均出場時間33.530.8
平均得点17.515.3
平均リバウンド6.7
(キャリアハイ)
4.4
平均アシスト4.13.5
平均スティール0.71.0
平均ターンオーバー1.82.0
FG成功率50.0%
(キャリアハイタイ)
45.1%
3P成功率38.3%36.6%
フリースロー成功率85.5%
(キャリアハイ)
82.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA