【スポンサーリンク】

PJ・タッカーがヒートとの契約について「長い間待ち望んでいた」

PJ・タッカーがヒートとの契約について「長い間待ち望んでいた」

昨季中のトレードでヒューストン・ロケッツからミルウォーキー・バックスに移籍したPJ・タッカーは、NBA2021-22シーズンをマイアミ・ヒートのユニフォームを着てプレイすることを決断した。

NBA屈指のディフェンダーであるタッカーは、バックスの50年ぶりとなるNBAタイトル獲得に貢献。

バックスはタッカーとの再契約を望んでいたというが、なぜタッカーはバックスではなくヒートを選んだのだろうか?

タッカーによると、ヒートは彼のスタイルに最も合ったNBAチームだという。タッカーのコメントをThe Miami Heraldが伝えている。

フリーエージェントになったら、フィットするかどうか、コーチングスタイルはどうか、チームのスタイルはどうか、ということを考える。

このチームはまさしく僕が求めているチームさ。

昨年はマイアミでトレーニングした。

だから、これは長い間待ち望んでいたことなんだ。

ものすごく興奮しているよ。

僕たちはタフなチームさ。

おもしろくなるだろうね。

ロスターを見てみると、僕たちはタフで意志の強いチームになるだろう。

複数のポジションをこなせる選手たちがいて、スイッチすることができる。

何よりも、僕たちは団結している。

互いを知り、同じようにプレイできる選手たちがいるんだ。

そのような選手が同じチームに何人もいたら、スペシャルなことが起こるだろうね。

バックスはサラリーキャップの問題に直面しており、タッカーに十分な契約金をオファーできなかったと見られている。

ヒートはこのオフシーズン中にタッカーやカイル・ラウリー、マーキーフ・モリスといった経験と実績あるベテラン選手獲得に成功した。

タイラー・ヒーローやダンカン・ロビンソンといった若手有望株もいるヒートは、ベテランと若手が融合し、NBA屈指のタフなチームとなるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA