【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「不快な状況にいることが心地良い」

レブロン・ジェイムス「不快な状況にいることが心地良い」

NBAオールスターのレブロン・ジェイムス率いるロサンゼルス・レイカーズはNBAオールスターブレイク後に2勝9敗と、壊滅的な状況に陥っている。

レイカーズがの2勝はいずれもジェイムスが50得点以上を記録した試合であり、レイカーズはディフェンスだけでなくシュートの問題も抱えることになってしまった。

そんな中、ジェイムスが自身の状況に言及した模様。

ジェイムスはウルブズ戦を終えた後、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は不快な状況にいることがすごく心地良い。

自分にコントロールできないことはコントロールできない。

勝った時に心地良いと感じるのは簡単なことさ。

忍耐力と集中力の持続、敗者のメンタリティに陥らないことを試されている。

敗北の状況に自分自身を置くことは、僕は絶対にしないよ。

レイカーズのレギュラーシーズンは残り13試合。

まだ挽回のチャンスはあるかもしれないが、レイカーズの選手たちの士気が下がっているのは間違いないだろう。

NBAプレイオフに進出し続けてきたジェイムスには、チームメイトたちのモチベーションを高める働きも期待したいところだ。

なお、ジェイムスのNBAオールスターブレイク後とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

ブレイク後NBAキャリア
出場試合数101361
平均出場時間37.438.2
平均得点31.427.1
平均リバウンド8.97.5
平均アシスト4.97.4
平均スティール0.61.6
平均ブロックショット1.50.8
平均ターンオーバー4.73.5
FG成功率51.1%50.5%
3P成功率37.3%34.6%
フリースロー成功率79.7%73.4%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    不快な状況にいるのが心地良いとか言うなら
    若手がミスした後不満そうな態度取ったりするのやめて下さい

*

CAPTCHA