【スポンサーリンク】

シクサーズはトレードでエリック・ゴードンを獲得すべき?

シクサーズはトレードでエリック・ゴードンを獲得すべき?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズは、このオフシーズン中にロスターを補強すると見られている。

だが、FA市場で特に大きな動きはなく、目立った点と言えば元NBAオールスターセンターのアンドレ・ドラモンドを獲得したことだろう。

今後はトレード市場に焦点を合わせることになりそうだが、nbaanalysis.netによると、シクサーズはヒューストン・ロケッツとのトレードでベテランガードのエリック・ゴードンを獲得すべきだという。

nbaanalysis.netが提案したトレードは、シクサーズがヒューストン・ロケッツからゴードンを獲得し、ダニー・グリーン、フルカン・コークマツ、2022年のNBAドラフト1巡目指名権だ。

ゴードンはアウトサイドシュートとドライブに定評あるNBA選手であり、シクサーズに新たなオフェンスをもたらすだろう。

また、ゴードンのスコアリングはジョエル・エンビードとトバイアス・ハリスの負担を軽くするに違いない。

一方、若手中心に再建中のロケッツにとってNBAドラフト1巡目指名権は大きく、またベテランのグリーンとコークマツをさらなるトレードで放出し、NBAドラフト指名権もしくは若手有望株の獲得を狙うこともできる。

ただし、グリーンはシクサーズと延長契約を結んだばかりであるため、90日間トレードで放出することはできない。

つまり、少なくともオフシーズン中にこのトレードが実現することはないだろう。

とはいえ、シクサーズのゴードン獲得については一考の価値があると言えそうだ。

なお、ゴードンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数27692
平均出場時間29.232.6
平均得点17.816.6
平均リバウンド2.12.5
平均アシスト2.62.8
平均スティール0.50.9
平均ターンオーバー1.92.0
FG成功率43.3%42.5%
3P成功率32.9%36.8%
フリースロー成功率82.5%81.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA