【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック「僕がパニックになることはない」

ラッセル・ウェストブルック「僕がパニックになることはない」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスターポイントガード、ラッセル・ウェストブルックは、極度のシュートスランプに陥っている。

現在3試合連続で一桁得点に終わっており、レイカーズファンの批判にさらされているウェストブルック。

キングス戦ではショットセレクションの悪さも目立ってしまったが、ウェストブルックによると、今はまだレイカーズのシステムにアジャストしようとしているところだという。

ウェストブルックはキングス戦終了後に次のようにコメント。lakersnation.comが伝えている。

アジャストしようとしているところだ。

分かるかい?

僕は理解しなければならないが、誰も僕や僕たちに同情しないだろう。

選手としての僕は、システムの中で最高のプレイをする方法を見つけなければならない。

言い訳はしないよ。

僕は誰かを指差したりはしない。

常に自分自身を見ているし、もっと良くなる方法を見つけようとしている。

ただひとつ言えるのは、僕がパニックになることはないということだ。

自信を失うことはない。

ただ、僕はもっと自分にプレッシャーをかけなければならい。

特にオフェンスとショットを決めることにね。

ウェストブルックによると、スランプという言葉で済ませたくなく、最善策は初心に戻り、効果的にスコアリングする方法を考えて見つけ出すことが重要だという。

レイカーズが次に対戦するのは、NBAを代表するスーパースターのニコラ・ヨキッチ擁するデンバー・ナゲッツだ。

ウェストブルックがナゲッツ戦で本来のパフォーマンスを取り戻し、スランプを脱出することを祈りたい。

なお、ウェストブルックの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数42985
平均出場時間35.534.8
平均得点18.723.0
平均リバウンド8.27.4
平均アシスト8.18.5
平均スティール1.1
(キャリアワースト)
1.7
平均ターンオーバー4.44.1
FG成功率43.7%43.7%
3P成功率28.8%30.5%
フリースロー成功率65.6%
(キャリアワーストタイ)
78.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA