【スポンサーリンク】

ベン・シモンズがシクサーズでの時間を振り返り「誰も僕を支えてくれなかった」

ベン・シモンズがシクサーズでの時間を振り返り「誰も僕を支えてくれなかった」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズは2021年のNBAプレイオフで十分なパフォーマンスを見せることができず、シクサーズファンから強烈にバッシングされた。

その後のシモンズはメンタルヘルスの問題を抱えるようになり、最終的にはトレードでシクサーズを離れることになったわけだが、シモンズが当時を振り返った模様。

シモンズによると、シクサーズファンからバッシングされていた時、シクサーズの誰もシモンズを助けようとしなかったという。シモンズのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

あのシーズンの後、僕は間違いなく正しく対処しなかった。

だが、もうひとつ側面がある。

チームメイトは仲間を支えるものだ。

コーチは仲間を支えるものだ。

僕に対してはそれがまったくなかった。

(練習参加を拒否した時は)まだ頭が整理できていなかった。

コートに立ってプレイできるような状態ではなかった。

だからコーチ(ドック・リバース)にこう伝えたんだ。

「コートに戻る準備がまだできていない。僕には時間が必要だ」とね。

すると、コーチは「そうか、それならここから出ていってもらおう」と言ったんだ。

僕は「OK、君は僕を怒らせようとしているんだな」という感じさ。

その後のトレードでブルックリン・ネッツに移籍したシモンズには、NBAスターのケビン・デュラント、カイリー・アービングとともにチームをNBAチャンピオンに導く働きが期待されている。

だが、アービングのネッツでの未来は不確かなものになり、シモンズは膝の痛みにより現在4試合連続で欠場中。

今季最悪のスタートを切ったネッツは、皮肉にもシモンズ不在の4試合で3勝を挙げている。

そろそろシモンズ不要論も聞こえてきそうだが、シモンズはコートで存在感を放ち、ネッツに必要な人材であることを証明したいところだ。

なお、シモンズの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数6281
平均出場時間31.833.9
平均得点6.215.7
平均リバウンド6.58.0
平均アシスト7.37.7
平均スティール1.21.7
平均ターンオーバー2.73.3
FG成功率44.1%55.8%
3P成功率0%14.3%
フリースロー成功率46.7%59.6%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    口を開けば他責

*

CAPTCHA