【スポンサーリンク】

スランプ中のデイミアン・リラード「シュートが入らないだけ」

スランプ中のデイミアン・リラード「シュートが入らないだけ」

ポートランド・トレイルブレイザーズのNBAオールスターポイントガード、デイミアン・リラードは、今季3試合を終えた時点で3P成功率8.3%(2/24)と、リズムを掴むことができずにいる。

リラードはNBAトップクラスのスコアラーであり、リラードの不調はブレイザーズにとってネガティブな要因と言えるだろう。

では、リラードは現状をどう見ているのだろうか?

リラードは自身のプレイについて以下のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕はうまくプレイしていると思うよ。

映像を見てみると、僕はすごく良いプレイをしている。

ただシュートが入らないだけさ。

リラードがリズムを掴むことができずにいるのは、チャウンシー・ビラップスがヘッドコーチに就任したことによりシステムが変わったためと見られている。

だが、まだ今季は始まったばかりであり、ワードワーカーとして知られるリラードはいずれリズムを取り戻し、いつも通りのパフォーマンスを見せてくれるに違いない。

なお、リラードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数3685
平均出場時間31.036.3
平均得点17.024.6
平均リバウンド3.34.2
平均アシスト7.36.6
平均スティール0.31.0
平均ターンオーバー2.32.8
FG成功率36.0%43.8%
3P成功率8.3%37.4%
フリースロー成功率92.9%89.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA