【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「レイカーズが70勝しても驚かない」

ケンドリック・パーキンス「レイカーズが70勝しても驚かない」

ロサンゼルス・レイカーズはこのオフシーズン中にロスターを刷新した。

主力で残っているのはレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、テイレン・ホートン・タッカーのみだが、ラッセル・ウェストブルックやラジョン・ロンド、ドワイト・ハワード、ディアンドレ・ジョーダン、カーメロ・アンソニーなど経験と実績あるベテラン選手たちを獲得し、NBAタイトル奪取が期待できるロスターに仕上げたレイカーズ。

元NBA選手のケンドリック・パーキンスも、新生レイカーズに期待を寄せているのかもしれない。

パーキンスによると、今のレイカーズならレギュラーシーズン70勝以上を記録してもおかしくないという。

パーキンスはレイカーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

レブロン・ジェイムス、ラッセル・ウェストブルック、アンソニー・デイビス、カーメロ・アンソニー、ラジョン・ロンド、ドワイト・ハワード、トレバー・アリーザ。

彼らのような選手が揃っているのに、シーズン60勝できないと言うのかい?

実際のところ、もし彼らが70勝を記録したとしても、僕は驚かないよ。

ラインアップを見てくれ。

レイカーズは若手のケンドリック・ナンとマリク・モンクを獲得したものの、ほとんどの選手は30代であり、年齢の問題を指摘する声は少なくない。

とはいえ、NBA史上最高のロスターの呼び声高いレイカーズは、間違いなく強さを見せつけるだろう。

黄金期のゴールデンステイト・ウォリアーズがNBA2015-16シーズンに記録した73勝を上回ることができるか、注目したいところだ。

なお、レイカーズの現在のロスターは以下の通りとなっている。

選手名ポジションキャリア
カーメロ・アンソニーF18
トレバー・アリーザF17
ジョエル・アヤイGルーキー
ケント・ベイズモアG/F9
チョンディー・ブラウンFルーキー
アンソニー・デイビスF9
ウェイン・エリントンG12
テイレンホートン・タッカーG/F2
ドワイト・ハワードC17
レブロン・ジェイムスF18
マック・マクラングPGルーキー
マリク・モンクG4
ケンドリック・ナンG3
オースティン・リーブスPGルーキー
ラジョン・ロンドPG15
ラッセル・ウェストブルックG13
ディアンドレ・ジョーダンC13

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA