【スポンサーリンク】

ウィザーズの鍵を握るのはカイル・クーズマと八村塁?

ウィザーズの鍵を握るのはカイル・クーズマと八村塁?

ワシントン・ウィザーズはこのオフシーズン中のトレードでNBAオールスターガードのラッセル・ウェストブルックを放出した。

だが、カイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレルの獲得に成功。

さらにブルックリン・ネッツとのサイン&トレードでスペンサー・ディンウィディを獲得するなど、精力的に動いた。

来季はブラッドリー・ビールとディンウィディを中心として戦うのは間違いないだろうが、ウィザーズがNBAプレイオフに進出し、勝ち進むためには、他の選手たちのステップアップも不可欠となるだろう。

clutchpoints.comによると、ウィザーズがさらなる高みに到達するための鍵を握るのは、ビールでもディンウィディでもなく、クーズマと八村塁だという。

八村塁はディフェンスで高い評価を受けており、来季はさらなる飛躍を期待したいところだ。

一方、オフェンスにより積極的に加わり、シュートアテンプト数を増やすことができれば、相手チームにとって脅威となる可能性がある。

また、ロサンゼルス・レイカーズで批判を浴び続けていたクーズマにとっては、それらの批判が間違いであることを証明する大きなシーズンとなるだろう。

レイカーズ時代はレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスの影に隠れ、十分な結果を残すことができなかったものの、ウィザーズではスコアリングの機会が増えるかもしれない。

レイカーズを離れた後に覚醒したブランドン・イングラム、ロンゾ・ボール、ジョーダン・クラークソンのように開花することができれば、ウィザーズにとって大きな戦力となるのは間違いないだろう。

クーズマとハレルはレイカーズでプレイした昨季、十分な結果を残すことができず、批判の的となってしまった。

また、ディンウィディについても疑問視するファンが多く、彼ら3人は批判を覆すことをモチベーションとするに違いない。

高いモチベーションを持つ彼らが新生ウィザーズを高みに導いてくれることを期待したいところだ。

なお、クーズマと八村塁の昨季のスタッツは以下の通りとなっている。

K・クーズマ八村塁
出場試合数6857
平均出場時間28.731.5
平均得点12.913.8
平均リバウンド6.15.5
平均アシスト1.91.4
平均スティール0.50.8
平均ターンオーバー1.71.2
FG成功率44.3%47.8%
3P成功率36.1%32.8%
フリースロー成功率69.1%77.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA