【スポンサーリンク】

ケビン・ラブがチームUSA入りしたのは自ら志願したから?

ケビン・ラブがチームUSA入りしたのは自ら志願したから?

元NBAオールスターのケビン・ラブが東京オリンピックに出場するチームUSAのメンバーに選出された時、多くのNBAファンは驚きを隠せなかった。

NBA2020-21シーズンのラブは怪我の影響でほとんどの試合を欠場。

ここ数年のキャリアも右肩下がりにあるため、「ラブはチームUSAにふさわしくない」などと多くの批判が寄せられていた。

では、なぜチームUSAはラブを選出したのだろうか?

チームUSAのマネージングディレクターを務めるジェリー・コランジェロによると、ラブ本人から連絡があり、チームUSA入りを直訴してきたという。コランジェロのコメントをESPNが伝えている。

私はケビン・ラブがプレイするとは思っていなかった。

彼にプレイする余力は残っていないと思っていた。

彼は我々に連絡してきて、こう言ったんだ。

「今は良い状態だ。僕は君たちに借りがある」とね。

我々は国際試合の経験があり、リバウンドとシュートがある選手を探していた。

分かっていると思うが、彼は我々のロスターの12番目のような男だったんだ。

だが、うまくいかなかった。

彼は良い状態ではなかった。

彼はかなり遅れていた。

だから我々は前に進む。

あれは間違いであり、他の選手にチャンスを与えることになったんだ。

NBAスカウトたちがチームUSAの練習を見た時、ラブのコンディションは決して良くなかったという。

ラブとしては東京オリンピックで実績を残し、NBAキャリアの復活につなげたかったのかもしれない。

結果、シーズン中に悩まされたふくらはぎの怪我は完治しておらず、チームUSAを離れることになってしまった。

今回の件でラブのNBAキャリアはますます難しくなりそうだが、ラブにはNBAで実績を残し、キャリアを取り戻してもらいたいところだ。

なお、若手中心のチームに生まれ変わったクリーブランド・キャバリアーズは、ラブをバイアウトで放出する可能性があると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA