【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード「今季のドラマはかなりクレイジーだった」

ジョエル・エンビード「今季のドラマはかなりクレイジーだった」

今季のフィラデルフィア・セブンティシクサーズは多くの問題を抱えていた。

その中で最大の問題と言えば、やはりベン・シモンズのドラマだろう。

シモンズはシクサーズの一員としてプレイすることを拒否し続け、彼らの関係は悪化してしまった。

だが、NBAオールスターのジョエル・エンビードがリーダーとして牽引したことにより、シクサーズは大きく崩れることなく現在に至っている。

エンビードによると、難しい時期を通してリーダーであり続け、チームメイトたちを導くよう心掛けていたという。

エンビードは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

タフな状況だった。

だが、起こってしまったすべてのことに恨みは持っていないよ。

ただ、僕の立場を考えると、毎晩その件についての質問に応えなければならなかった。

すり減っていくような気分だった。

チームメイトたちもそう感じていたはずさ。

あのドラマはかなりクレイジーだった。

だが、今季の僕はより良いリーダーになるために努力した。

これまではプレイで牽引しようとしていたが、オフ・ザ・コートにはまったく目を向けていなかったんだ。

君たちも知っての通り、どうなるか分からなかった。

だから、僕はオフ・ザ・コートとオン・ザ・コートで多くのことをもたらさなければならなかった。

オン・ザ・コートでは、昨季以上のレベルでプレイするように努力している。

昨季は十分に健康ではなかったことで批判された。

だからシクサーズのために復活してもう一歩前に進み、離脱しないことが僕の大きな目標だったんだ。

今季を見てもらえたら、僕が欠場したのは12試合くらいだと思う。

だが、そのうち9試合はNBAの健康と安全プロトコルによる欠場だ。

だから本当に嬉しく思っているし、自分自身に興奮しているよ。

エンビードは常に相手に立ち向かっている強いメンタルを備えたNBAスターだ。

しかし、今季はシモンズのドラマに始まり、選手たち相次ぐ離脱など多くのことに対処しなければならず、メンタルの疲労を相当感じていたことだろう。

すべてから解放されたエンビードはリーダーとしてさらにシクサーズを牽引し、悲願のNBAタイトル獲得に導くに違いない。

なお、エンビードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数61321
平均出場時間33.431.1
平均得点29.9
(キャリアハイ)
25.8
平均リバウンド11.411.3
平均アシスト4.2
(キャリアハイ)
3.3
平均スティール1.2
(キャリアハイ)
0.9
平均ブロックショット1.51.7
平均ターンオーバー3.03.4
FG成功率48.9%48.7%
3P成功率35.8%33.5%
フリースロー成功率81.8%81.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA