【スポンサーリンク】

パトリック・ビバリー「ニコラ・ヨキッチとルカ・ドンチッチはレフェリーにプレッシャーをかける」

NBAチャンピオン最有力候補の1チームであるロサンゼルス・クリッパーズは現地7日、デンバー・ナゲッツとのカンファレンスセミファイナル第3戦を制し、シリーズを2勝1敗とした。

一時はナゲッツに二桁リードを許したものの、底力を見せつけて逆転勝利したクリッパーズ。

その大きな要因は、第4Qでオールスターセンターのニコラ・ヨキッチをわずか4得点に抑えたことだろう。

ヨキッチにマッチアップしたイビチャ・ズバッツはフィジカル負けしないタフなディフェンスを見せ、勝利に貢献。

終盤にファウルアウトしてしまったものの、インサイドを死守する素晴らしい働きを見せた。

そんな中、NBA有数のディフェンダーであるパトリック・ビバリーが最後までやりきったズバッツを称賛するとともに、ヨキッチのレフェリーに対するファウルアピールを軽くディスった模様。

ビバリーはヨキッチとズバッツについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

問題があるとは言わないが、ヨキッチは(ルカ・)ドンチッチと同じような存在だと思う。

ルカは(ジャッジに対して)ジタバタしがちだ。

正しいコールをさせるためにレフェリーにすごくプレッシャーをかける。

ズー(ズバッツ)は素晴らしい仕事をしたと思うよ。

6ファウルを使い切ったし、やるべきことをやってくれた。

終盤にはビッグダンクを決めた。

ビッグフリースローも決めた。

そして僕たちが勝った。

それが最も重要なことさ。

そう話すビバリーだが、彼自身もレフェリーに頻繁にプレッシャーをかけているように見える。

ジャッジに対するテクニカルファウルを数えてみれば、ビバリーの数はヨキッチとドンチッチを上回っているだろう。

いずれにせよ、彼らは残りのシリーズも強烈なファウルアピールを続けるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA