【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデンが好調な理由はSNSのシャットダウン?

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンはNBAシーズン再開後、素晴らしいパフォーマンスでチームを勝利に導いている。

シードゲーム初戦のダラス・マーベリックス戦では49得点、9リバウンド、8アシスト、3スティール、3ブロックショット、2戦目のミルウォーキー・バックス戦では24得点にとどまったものの7リバウンド、7アシスト、6スティールを記録し、ロケッツを牽引しているハーデン。

好調の理由は集中力にあるのかもしれない。

Reupblicworld.comによると、ハーデンはSNSをシャットダウンし、集中力を高めているという。

現在インスタグラムアカウントは閲覧できない状態となっており、Twitterアカウントは残っているものの最後の投稿は5月23日となっている。

ハーデンはインスタグラムのアカウントを1月に停止したと報じられているが、インスタグラムの管理に疲弊し、解放されたかったと共に、プレイにより集中したかったのかもしれない。

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、プレイオフに備えてSNSをシャットダウンすることを恒例としている。

ハーデンも同じ考えてSNSをシャットダウンしたなら、今後同じように対処するNBA選手が増える可能性がありそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA