【スポンサーリンク】

ウルブズがザック・ラビーンのトレード獲得を狙う?

再建中のミネソタ・ティンバーウルブズは、今年のNBAドラフト1位指名権を持っている。

ドラフト1位指名権で将来有望株を獲得するか、それともトレードで放出して即戦力を獲得するかになるが、元ウルブズであり、NBA有数のスコアラー獲得を狙うかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ウルブズはドラフト1位指名権をトレードで放出し、シカゴ・ブルズのザック・ラビーン獲得を狙う可能性があるという。

ウルブズは昨季中のトレードでディアンジェロ・ラッセルを獲得し、来季はラッセルとカール・アンソニー・タウンズを中心として戦う。

ラビーンはNBA有数の身体能力を誇るプレイヤーであり、アウトサイドショットも得意としているため、ラビーンを獲得できればウルブズは脅威のオフェンシブチームに生まれ変わるだろう。

一方、ウルブズはこのオフシーズン中に制限付きFAになるマリク・ビーズリーとの再契約も検討していると噂されている。

ラビーンは契約をあと2年1950万ドル残しているが、ビーズリーは1350万ドルもしくは1400万ドルで契約できる可能性があるため、キャップに柔軟性を持たせたいのであればビーズリーと再契約するかもしれない。

ウルブズにとって来季は転換のシーズンになる可能性があるだけに、オフシーズン中の動きに注目が集まるところだ。

なお、今季のラビーンとビーズリーのスタッツは以下の通りとなっている。

ザック・ラビーンマリク・ビーズリー
(ウルブズ移籍後)
出場試合数6014
平均出場時間34.833.1
平均得点25.520.7
平均リバウンド4.85.1
平均アシスト4.21.9
平均スティール1.50.6
平均ターンオーバー3.41.5
FG成功率45.0%47.2%
3P成功率38.0%42.6%
フリースロー成功率80.2%75.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA