【スポンサーリンク】

クリス・ポールがナゲッツ戦敗戦について「勝つべきだった」

オールスターポイントガードのクリス・ポール擁するオクラホマシティ・サンダーは現地3日、ウェスタン・カンファレンス3位のデンバー・ナゲッツと対戦した。

順位をひとつでも上げたいサンダーとしては、主力3人を欠くナゲッツに勝利したかったところだろう。

だが、シックスマンのデニス・シュルーダーを欠くサンダーはオーバータイムで力尽き、ウェスト5位ユタ・ジャズとのゲーム差を縮めることができなかった。

シュルーダーの離脱はサンダーにとって大きな痛手であるのは間違いないが、リーダーのポールがそれを言い訳にすることはない。

ポールはナゲッツ戦を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕が(レギュレーション)残り2.9秒のフリースローを決めていれば。

そうすれば僕たちが勝ったと思う。

僕たちはのがしてしまった。

だが勝てた。

勝つべきだったんだ。

サンダーは妻の出産でオーランドを離れたシュルーダー抜きでしばらく戦わなければならない。

一方、ナゲッツもジャマール・マレー、ウィル・バートン、ゲイリー・ハリスという主力組が離脱中であり、シュルーダーの不在を敗戦の言い訳にすることはできないだろう。

シュルーダーの復帰時期はまだ決まっていないが、彼の不在中に特に若手たちがステップアップし、チーム力を底上げしたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA