【スポンサーリンク】

シクサーズ ジミー・バトラーのトレードは関係悪化が原因?

シクサーズ ジミー・バトラーのトレードは関係悪化が原因?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズはこの夏、昨季中のトレードで獲得したジミー・バトラーをマイアミ・ヒートへ放出した。

シクサーズのプレイヤーたちはバトラーとの再契約を願っていたというが、フロントオフィスはマイアミ・ヒートへのトレードを決断。

これにはバトラーとシクサーズの関係が影響していたのかもしれない。

clutchpoints.comによると、シクサーズのフロントオフィスとバトラーの間に亀裂が生じ、シクサーズはトレードによる放出を決断したという。

サイン&トレードでヒートに移籍したバトラーは、4年のマックス契約を結んだ。

バトラーは行く先ざきでチームメイトとの関係悪化が噂されてきたが、ヒートでは若手と融合し、メンターとしても貢献したいところだ。

なお、昨季のバトラーはミネソタ・ティンバーウルブズとフィラデルフィア・セブンティシクサーズでレギュラーシーズン65試合に出場し、平均33.6分のプレイで18.7得点、5.3リバウンド、4.0アシスト、1.9スティール、FG成功率46.2%、3P成功率34.7%を記録。

キャリア8年を通してブルズ、ウルブズ、シクサーズでレギュラーシーズン通算523試合に出場し、平均32.9分のプレイで16.7得点、4.9リバウンド、3.5アシスト、1.6スティール、FG成功率45.4%、3P成功率34.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    バトラーは指標いいけどいらん

*

CAPTCHA