【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがジャージーにメッセージを入れない理由を明かす

NBA選手は現地30日からオーランドで再開するシーズンの間、ジャージーの背面にメッセージを入れてプレイすることができる。

メッセージ内容については事前に決まっており、選手たちはそのリストから好みのメッセージを選ぶことになるが、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスはメッセージを入れない方針だという。

では、社会に大きな影響をもたらし続けているジェイムスはなぜメッセージを入れないのだろうか?

ジェイムスはその理由について以下のように説明。larrybrownsports.comが伝えている。

僕のミッションと僕の目標に共鳴しなかった。

ただそれだけのことさ。

80%以上のNBA選手がジャージーにメッセージを入れると見られている。

ジェイムスはその中に含まれないが、メディアを通して直接メッセージを伝え続けるだろう。

なお、ジャージーの背面に入れることができるメッセージのリストは以下の通りとなっている。

  • Black Lives Matter
  • Say Their Names
  • Vote
  • I Can’t Breathe
  • Justice
  • Peace
  • Equality
  • Freedom
  • Enough
  • Power to the People
  • Justice Now
  • Say Her Name
  • Sí Se Puede (Yes We Can)
  • Liberation
  • See Us
  • Hear Us
  • Respect Us
  • Love Us
  • Listen
  • Listen to Us
  • Stand Up
  • Ally
  • Anti-Racist
  • I Am A Man
  • Speak Up
  • How Many More
  • Group Economics
  • Education Reform
  • Mentor

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    証す→明かす では?

*

CAPTCHA