【スポンサーリンク】

ザック・ラビーンがデマー・デローザンに対する勧誘活動の裏側を明かす

ザック・ラビーンがデマー・デローザンに対する勧誘活動の裏側を明かす

NBA屈指のスコアラーであるデマー・デローザンは、昨年夏にシカゴ・ブルズに移籍した。

デローザンによると、大学時代のチームメイトであるニコラ・ブーチェビッチに勧誘されたというが、デローザンを勧誘したのはブーチェビッチだけではなかった模様。

NBAオールスターのザック・ラビーンによると、東京オリンピック期間中にデローザンに電話をかけ、ブルズに勧誘していたという。ラビーンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

オリンピック期間中に勧誘し、その後すべてが実を結んだ。

彼がレイカーズと交渉していたことは知っていたし、他の数チームとも交渉していることを知っていた。

彼を獲得できて、ただ嬉しかったよ。

僕が海外にいる間、何度か夜中の3時くらいに彼に電話した。

時差があったからね。

FA交渉がどうなっているのかを話し、僕たちが一緒になればうまくいくと伝えたんだ。

そして帰国すると、僕たちはチームメイトになった。

契約が実現した。

僕たちはオフシーズン中から共に働き始め、シカゴに早めに入った。

なぜなら、新顔がすごく多い新しいチームになったからね。

チームのほとんどが新顔だった。

僕たちは本当に早い段階からスタートした。

だからこそ、これほど良いケミストリーを築くことができたんじゃないかな。

ブルズではロンゾ・ボールとアレックス・カルーソ、パトリック・ウィリアムスが怪我により長期離脱を強いられているものの、イースタン・カンファレンス2位と上位を維持している。

もしデローザンがいなければ、これほどの成績を残すことはできなかっただろう。

NBAオールスターのラビーンとデローザンには、ブルズをマイケル・ジョーダン時代以来となる王朝に導く働きを期待したいところだ。

なお、ラビーンとデローザンの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

Z・ラビーンD・デローザン
出場試合数5058
平均出場時間34.635.7
平均得点24.528.2
(キャリアハイ)

平均リバウンド
4.85.3
平均アシスト4.55.0
平均スティール0.6
(キャリアワースト)
0.9
平均ターンオーバー2.72.3
FG成功率48.1%51.6%
3P成功率39.8%35.8%
(キャリアハイ)
フリースロー成功率87.0%86.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA