【スポンサーリンク】

クリス・ウェバーがアンソニー・デイビスの能力を疑問視?

クリス・ウェバーがアンソニー・デイビスの能力を疑問視?

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、レブロン・ジェイムスとともにレイカーズにNBAタイトルをもたらしたスター選手のひとりだ。

だが、ここ2年は怪我による長期離脱が相次ぎ、レイカーズの勝利に貢献することができていない。

今季のレイカーズの失敗はデイビスの長期離脱も大きな要因のひとつだろうが、元NBA選手のクリス・ウェバーはデイビスが過大評価されていると感じているのかもしれない。

ウェバーはデイビスについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼は誰かの穴を埋めるピースにはなれると思う。

ただ、彼がひとりのスターとして何を証明したかは、僕には分からない。

彼は素晴らしい才能を秘めている。

レブロンのためにビッグショットを決めたこともあるしね。

それは分かっている。

だが、僕たちは彼がアルファになれるかどうかについて議論している。

いつうまくいったのか、僕には分からない。

デイビスはニューオーリンズ・ペリカンズでNBAキャリア7年を過ごした後、トレードでレイカーズに移籍。

移籍後1年目にレイカーズをNBAチャンピオンに導く働きを見せたものの、ペリカンズ時代にNBAプレイオフに進出したのは2014-15シーズンと2017-18シーズンのみだった。

ここ2年は怪我による長期離脱を強いられ、十分に貢献することができないデイビス。

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードやデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ、ミネソタ・ティンバーウルブズのカール・アンソニー・タウンズなどビッグマンたちが台頭している中、デイビスにとって来季はNBAキャリアを分ける重要なシーズンになるかもしれない。

なお、デイビスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数40604
平均出場時間35.134.4
平均得点23.223.8
平均リバウンド9.910.2
平均アシスト3.12.3
平均スティール1.2
(キャリアワーストタイ)
1.4
平均ブロックショット2.32.3
平均ターンオーバー2.12.0
FG成功率53.1%51.5%
3P成功率18.6%30.3%
フリースロー成功率71.3%
(キャリアワースト)
79.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA