【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがレブロン・ジェイムスに皮肉?

カイリー・アービングがレブロン・ジェイムスに皮肉?

NBAを代表するポイントガードのカイリー・アービングは、かつてレブロン・ジェイムスと共にクリーブランド・キャバリアーズにフランチャイズ初となるNBAタイトルをもたらした。

その後、さらなる成長を求めてボストン・セルティックスへ移籍したアービング。

だが、アービングはリーダーシップ欠如の批判にさらされ、以降は事あるごとに批判の的にされている。

そのアービングが、ジェイムスに対する皮肉とも思えるような発言をした模様。

larrybrownsports.comによると、ポッドキャストの番組中に「君とケビン・デュラント、最後にショットを撃つのはどっち?」と質問されたアービングは、こう返答したという。

僕がプレイしてきたチームの中で、勝利をかけた重要な場面では僕が最高のオプションだったと思う。

「あいつ(デュラント)もああいったショットを決めることができる」と思えるのは、僕のキャリアを通して初めてのことさ。

現在ロサンゼルス・レイカーズの一員としてNBAファイナルを戦っているジェイムスは、キャリアを通して数々のクラッチショットを決めてきた。

だが、ジェイムスはスコアラーというよりオールラウンダーであり、勝負がかった場面では自身にディフェンスを引き寄せ、オープンのチームメイトにパスを供給することも少なくない。

アービングがジェイムスを皮肉する目的で発言したとは考えがたいが、これからもアービングの一挙手一投足には注目が集まり、時には批判にさらされることになりそうだ。

なお、アービングの発言を受けてかは分からないが、ジェイムスはこう話している。

僕とアンソニー・デイビスは互いに嫉妬していない。

僕たちは僕たちのことを理解している。

僕たちは最高のものを求めているし、真剣に、毎日互いのために尽くしている。

以下、ジェイムスがいた時といない時のアービングのNBAプレイオフキャリアスタッツだ。

L・ジェイムスありL・ジェイムス不在
FG成功率47%41%
3P成功率43%34%
+/-+359-49

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA