【スポンサーリンク】

スティーブ・ナッシュHC「ラマーカス・オルドリッジは我々のIQを高めてくれた」

スティーブ・ナッシュHC「ラマーカス・オルドリッジは我々のIQを高めてくれた」

元NBAオールスタービッグマンのラマーカス・オルドリッジは昨季中にブルックリン・ネッツに加わると、わずか5試合に出場した時点でNBAから電撃引退した。

オルドリッジは心臓に問題を抱えていたというが、バスケットボールに対する情熱はくすぶり続けていたのだろう。

オルドリッジは先日、ベテランミニマム契約でネッツと契約し、NBAに復帰することを発表した。

ネッツを指揮するスティーブ・ナッシュHCによると、オルドリッジが加わることでチーム全体のバスケットボールIQが高まるという。

ナッシュHCはオルドリッジについて以下のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

彼は我々のロッカールームにたくさんのことを加えてくれたと思う。

残念ながら昨季は彼のプレイを十分に見ることができなかったが、彼は経験とスキルがあり、多様性のあるビッグマンだ。

プレイする方法を理解しているし、我々のIQを高めてくれた。

彼が戻ってきてくれて本当に嬉しいよ。

オルドリッジが復帰したことにより、ネッツはケビン・デュラント、カイリー・アービング、ジェイムス・ハーデン、ブレイク・グリフィン、ポール・ミルサップ、オルドリッジと、新旧NBAオールスターを6人擁するチームに生まれ変わった。

昨季はNBAプレイオフ・カンファレンスファイナルでミルウォーキー・バックスに敗れてしまったものの、来季は悲願のNBAタイトル獲得を達成したいところだろう。

オルドリッジにどのような役割が与えられるのか分からないが、オルドリッジにはネッツのIQをさらに高め、NBAチャンピオンに導く働きを期待したいところだ。

なお、オルドリッジのネッツ移籍後とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数51029
平均出場時間26.034.2
平均得点12.819.4
平均リバウンド4.88.2
平均アシスト2.62.0
平均スティール0.60.7
平均ブロックショット2.21.1
平均ターンオーバー1.41.6
FG成功率52.1%49.1%
3P成功率80.0%32.1%
フリースロー成功率100%81.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA