【スポンサーリンク】

フランク・ボーゲルHCがレブロン・ジェイムスについて「82試合プレイさせたくない」

フランク・ボーゲルHCがレブロン・ジェイムスについて「82試合プレイさせたくない」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、36歳の今もNBAトップレベルのパフォーマンスを維持している。

ジェイムスは食事や睡眠などプライベートでも身体を徹底的に管理しているというが、いくら管理しようと年齢による疲労蓄積は否めないだろう。

そのため、レイカーズを指揮するフランク・ボーゲルHCによると、ジェイムスの出場時間をより管理しなければならないという。

ボーゲルHCはジェイムスについて以下のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

彼は調子が良ければコートに出たいと思うタイプだ。

我々は間違いなく彼に82試合プレイさせたくない。

だが、何日休ませるべきとか、そのようなことはまだ考えていない。

シーズンを通し、その都度対応するつもりだ。

彼の出場時間を34分程度、34分から36分にしたいと思っている。

コートに出ている選手たちが良いプレイをしているなら、彼をもう少し長く休ませたい。

コートに長く立ち過ぎるのは、彼にとって良いことではない。

彼はこのようなローテーションで非常に長くプレイしてきたからね。

理想的には34分あたりで維持したいと考えている。

今季のレイカーズにはラッセル・ウェストブルックやカーメロ・アンソニーといったスコアリング能力がある選手が多い。

NBAプレシーズンは全敗で終わったものの、ケミストリーを構築することができればジェイムス抜きでも十分戦えるだろう。

NBAプレイオフに向けてジェイムスを最高の状態にするためにも、ケミストリーの構築が急がれるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA