【スポンサーリンク】

レイカーズなどNBA4チームがジェレミー・ラムに関心?

レイカーズなどNBA4チームがジェレミー・ラムに関心?

インディアナ・ペイサーズはNBAキャリア10年目を迎えるジェレミー・ラムをトレードで放出するため、取引先となるNBAチームを探している。

だが、2019-20シーズン中に前十字靭帯を断裂したラムに関心を持つNBAチームは少なく、このオフシーズン中にトレードが成立する可能性は低いという。

しかし、NBA2021-22シーズン中にトレードが実現する可能性は十分ありそうだ。

hoopsrumors.comによると、ラムはシーズン中のトレードで他のNBAチームに移籍する可能性が高いという。

ラムにはロサンゼルス・レイカーズやシャーロット・ホーネッツなどNBA4チームが関心を示しているというが、ラムの健康状態が気になるところだ。

ラムは膝と足に問題を抱えており、昨季はレギュラーシーズン36試合の出場にとどまった。

つまり、シーズン中にトレードを実現させるためには、ラムは健康を完全に取り戻したことをコート上で証明しなければならないだろう。

ペイサーズは今年1月のトレードでカリス・レバートを獲得し、さらに今年のNBAドラフトでクリス・ドゥアルテを獲得した。

彼らを獲得したことでペイサーズのウィングポジションは厚みを増したため、ラムの出場機会は減少すると見られている。

ラムとしては少ないチャンスで価値を証明し、NBAキャリアを前に進めたいところだろう。

なお、ラムの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数36517
平均出場時間21.321.2
平均得点10.110.4
平均リバウンド3.63.7
平均アシスト1.51.6
平均スティール0.90.7
平均ターンオーバー0.60.8
FG成功率43.5%44.4%
3P成功率40.6%
(キャリアハイ)
34.4%
フリースロー成功率94.7%85.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA