【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードがステフィン・カリーに「僕のコートではやらせない」

ジョエル・エンビードがステフィン・カリーに「僕のコートではやらせない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で3ポイントを10本決めれば3ポイント成功本数でNBA史上首位に立っていた。

だが、シクサーズ戦は14本の3ポイントを放ったものの、決めたのはわずか3本。

カリーの偉業達成はお預けとなったが、シクサーズはカリーの記録達成を阻止することを誓って試合に臨んだのかもしれない。

NBAオールスタービッグマンのジョエル・エンビードはウォリアーズに勝利した後、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕のコートではやらせない。

起こり得ない。

フィリーではあり得ない。

彼(マティス・サイブル)にはディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーのチャンスがあるんじゃないかな。

彼はそれを今夜示してみせた。

彼のステフに対するディフェンス。

あのようなディフェンスは長く見たことがない。

あれが彼だ。

もしカリーがシクサーズ戦で3ポイントを10本成功させていたら、弟セス・カリーの目の前で偉業を達成することになった。

それゆえにシクサーズ戦のステフィン・カリーに大きな注目が集まったが、それがシクサーズの選手たちのモチベーションにつながったに違いない。

ステフィン・カリーが偉業を達成するまで、あと7本に迫った。

今後インディアナ・ペイサーズ、ニューヨーク・ニックス、ボストン・セルティックスとの試合を予定しており、おそらくこのいずれかでNBA史上最も3ポイントを決めた選手になるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA