【スポンサーリンク】

ジェイソン・テイタムがヒート戦でのテクニカルファウルに「タフだった」

ジェイソン・テイタムがヒート戦でのテクニカルファウルに「タフだった」

ボストン・セルティックスのNBAオールスター、ジェイソン・テイタムは、先日行われたマイアミ・ヒート戦で今季13度目となるテクニカルファウルをコールされた。

テイタムはレギュラーシーズン中にテクニカルファウルをあと3度コールされると、自動的に1試合出場停止処分を科さてしまう。

だが、テイタムによると、ヒート戦でコールされたテクニカルファウルはオフィシャルと話をしただけであり、テクニカルファウルには値しないという。

テイタムはヒート戦を終えた後、今季とヒート戦のテクニカルファウルについて次のようにコメント。masslive.comが伝えている。

試合を欠場したくない。

これまでの12回のテクニカルファウルを振り返ってみた。

そのうち10回はテクニカルファウルに値すると思う。

だが、今夜のは分からない。

確認してみないとね。

タフなテクニカルファウルだった。

僕はただ話をしようとしただけだ。

ただ質問した。

テクニカルファウルをコールされたのは残念だ。

だが、僕たちは前に進み、プレイし続けなければならない。

セルティックスのレギュラーシーズンは残り5試合であるため、仮にテイタムがテクニカルファウルを3度コールされ、出場停止処分を科されたとしても、大きなダメージにはならないだろう。

とはいえ、近年のNBAでは「テクニカルファウルのコールが軽い」などといった批判も少なくないため、NBAはオフシーズン中にテクニカルファウルの基準を再考すべきなのかもしれない。

なお、現地3月31日時点のNBAのテクニカルファウルランキングは以下の通りとなっている。

順位選手名所属TF数
1ルカ・ドンチッチDAL16
2ラッセル・ウェストブルックLAL15
3カーメロ・アンソニーLAL14
3モントレズ・ハレルCHA14
3トレイ・ヤングATL14
6ジョエル・エンビードPHI13
6ドレイモンド・グリーンGSW13
6ジェイソン・テイタムBOS13
6カール・アンソニー・タウンズMIN13
10デビン・ブッカーPHX12
10ジュリアス・ランドルNYK12
12ディロン・ブルックスMEM11
12デマーカス・カズンズDEN11
12ジェイ・クラウダーPHX11
12クリス・ポールPHX11
16デマー・デローザンCHI10
16ドウェイン・デッドモンMIA10
16ルディ・ゴベアUTA10
16ジョシュ・ハートPOR10
16カイル・ラウリーMIA10
16ギャリソン・マシューズHOU10

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA