【スポンサーリンク】

ゲイリー・ペイトンⅡ「ウォリアーズのビデオコーディネーターになろうと思っていた」

ゲイリー・ペイトンⅡ「ウォリアーズのビデオコーディネーターになろうと思っていた」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのゲイリー・ペイトンⅡは、今季を飛躍のシーズンとしている。

タフなディフェンスで相手を苦しめ、ウォリアーズのディフェンスにおいて核のひとりとなったペイトンⅡ。

現在29歳のペイトンⅡによると、もしウォリアーズと再契約できなければNBA選手としてのキャリアを諦め、ウォリアーズでビデオコーディネーターとして働こうと思っていたという。

ペイトンⅡは自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は真剣に考えていた。

もし(ウォリアーズから)カットされたら、その仕事のオーディションを受けるつもりだった。

この場所に残るべく努力していた。

そうすればゲームに関わることができるし、助けることができるし、遠征に帯同できる。

そこから考えようと思っていたんだ。

ペイトンⅡによると、ウォリアーズのビデオコーディネーター部門に空きがあることは知っており、アシスタントコーチのジャマ・マフラレラに相談したという。

だが、マフラレラACに相談した4日後、ペイトンⅡはウォリアーズと今季終了までの契約を結ぶことができた。

ペイトンⅡはこの夏に完全FAになるが、父親譲りのタフなディフェンスがあるペイトンⅡにとって、今季はNBA定着を確実にしたシーズンだったと言えるだろう。

なお、マフラレラACは当時を振り返り、次のように語っている。

彼とはビデオコーディネーターになる基準について話をした。

学ぶ意欲があること、コートでプレイできること、そういったことについて話をした。

すると彼は、「やるよ」と言ったから、僕はこう返したんだ。

「ゲイリー、君にはやらせないよ。君にそのチャンスはない。君はこのチームのために(現役選手として)プレイするんだ」とね。

ペイトンⅡの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
所属チームゴールデンステイト・ウォリアーズミルウォーキー・バックス
ロサンゼルス・レイカーズ
ワシントン・ウィザーズ
ゴールデンステイト・ウォリアーズ
出場試合数71142
平均出場時間17.614.5
平均得点7.1
(キャリアハイ)
5.2
平均リバウンド3.5
(キャリアハイ)
2.8
平均アシスト0.91.1
平均スティール1.4
(キャリアハイ)
1.0
平均ターンオーバー0.60.6
FG成功率61.6%54.2%
3P成功率35.8%32.0%
フリースロー成功率60.3%57.1%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    まだプレー見てないけど、ブルックスとGP2が数分しか出てなかったから、何かあったのかと思ったらブルックスの悪質ファウルで骨折って。両チームとも熱くなるとこ間違ってないか。コート上でそんなの見たくねーよな。先にグリーンがどうこうより結果的にGP2の大怪我に繋がってるってやりきれない。Gリーグから這い上がって、このシリーズでスタメンにもなった選手にあんまりじゃねーかよ。

  2. By 匿名

    ブルックスに悪質なファールを受けたのが不憫すぎる。
    こんなに頑張ってPOではスタメンまで勝ち取ったのに…

*

CAPTCHA