【スポンサーリンク】

エリック・ゴードンがトレードを受け入れる?

エリック・ゴードンがトレードを受け入れる?

元NBAオールスターガードのジョン・ウォールは先日、ヒューストン・ロケッツとトレードを模索することで合意したと報じられた。

だが、ウォールより先にエリック・ゴードンがトレードされるかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ベテランガードのゴードンはロケッツにトレードを要求していないものの、トレードを受け入れる構えだという。

ロケッツは先日、ウォールに出場機会を与えないと伝えたと報じられた。

再建中のロケッツは若手に出場機会を与え、成長を促す見込みだが、おそらくゴードンの出場機会も激減するだろう。

ゴードンの契約はあと3年残っているものの、契約最終年は保証されていないため、実質的には2年3780万ドルを残していることになる。

ウォールと比べるとトレードで放出しやすい契約であるため、ロケッツは良いオファーがあればトレードに応じるに違いない。

ただし、ゴードンには怪我の歴史があり、完全に健康を取り戻したことを証明しない限り、他のNBAチームは難しい判断を強いられることになりそうだ。

なお、ゴードンはNBAタイトルコンテンダーへのトレードを望んでいると報じられている。

ゴードンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2020-21NBAキャリア
出場試合数27692
平均出場時間29.232.6
平均得点17.816.6
平均リバウンド2.12.5
平均アシスト2.62.8
平均スティール0.50.9
平均ターンオーバー1.92.0
FG成功率43.3%42.5%
3P成功率32.9%36.8%
フリースロー成功率82.5%81.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA