【スポンサーリンク】

ジュリアス・ランドル「今は違和感がある」

ジュリアス・ランドル「今は違和感がある」

昨季NBAプレイオフに復帰したニューヨーク・ニックスは、オフシーズン中に元NBAオールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーを獲得した。

今季はウォーカーとNBAオールスターフォワードのジュリアス・ランドルを中心とし、昨季以上の成績が期待されているが、ウォーカーとランドルはうまく機能しておらず、ニックスは現在8勝7敗。

ニックスのFG成功率はNBA19位と十分な戦いを見せることができていないものの、ランドルはいずれフィットすると感じているのかもしれない。

ランドルはニックスの現状について以下のようにコメント。newsday.comが伝えている。

まずは自分自身を見つめ直すところから始まると思う。

全員が鏡で自分を見て、チームのために、試合のためにすべてを捧げているのか再確認しなければならない。

今は違和感がある。

この状況を説明するには、それが最高の表現だ。

違和感があり、少しぎくしゃくしている。

今は解決しようとしているところさ。

皆のハートと意思は正しい場所にあると思う。

今は少し違和感があるだけだ。

今季のニックスは昨季のようなディフェンスを展開することができていない。

それが今の成績につながっているというが、ウォーカーとエバン・フォーニエが調子を取り戻すことができれば、昨季以上の戦いを見せてくれるに違いない。

なお、ランドルの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数15461
平均出場時間35.430.7
平均得点19.817.4
平均リバウンド10.09.2
平均アシスト5.03.4
平均スティール0.70.7
平均ターンオーバー3.32.7
FG成功率41.2%
(キャリアワースト)
48.2%
3P成功率35.1%34.3%
フリースロー成功率75.0%74.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA