【スポンサーリンク】

アンドレ・イグダーラ「カイリー・アービングより優れているポイントガードはNBA史上3人だけ」

アンドレ・イグダーラ「カイリー・アービングより優れているポイントガードはNBA史上3人だけ」

NBAは先日、創設75周年を記念してNBA史上最も偉大な75選手をピックアップした記念チームを発表した。

当然ながらNBAのチョイスには賛否両論あり、「あの選手を入れるべき」、「あの選手はふさわしくない」などという声があがっている。

そんな中、ゴールデンステイト・ウォリアーズのベテランフォワード、アンドレ・イグダーラが、NBAオールスターガードのカイリー・アービングが選出されなかったことに疑問を呈した模様。

イグダーラによると、アービングはNBAのリストに入った多くの選手より優れたポイントガードだという。イグダーラのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

カイリーより優れていると言って許されるのは、マジック(・ジョンソン)、ステフ(・カリー)、アイザイア(・トーマス)のみだ。

CP(クリス・ポール)が選ばれたことに腹は立たないが、僕ならカイリーを選ぶ。

だが、人々は「出場試合数が不十分だ」と主張するだろうね。

スティーブ・ナッシュはカイリーにまったく及ばない。

カイリーはチャウンシー・ビラップスやマーク・プライスより優れたポイントガードだ。

アービングはNBAオールスターに7度、オールNBAチームに3度選出され、クリーブランド・キャバリアーズ時代にはNBAチャンピオンに輝いた実績を持つ。

アービングがNBA史上最高のガード選手の一人であるのは間違いないだろうが、アービングがNBAの周年記念チームに入るためにはMVPなど際立った実績が必要になるのかもしれない。

なお、マジック・ジョンソン、アイザイア・トーマス、ステフィン・カリー、アービングのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

M・ジョンソンI・トーマスS・カリーK・アービング
出場試合数906979773582
平均出場時間36.736.334.333.9
平均得点19.519.224.222.8
平均リバウンド7.23.64.63.8
平均アシスト11.29.36.55.7
平均スティール1.91.91.71.3
平均ターンオーバー3.93.83.12.6
FG成功率52.0%45.2%47.6%47.0%
3P成功率30.3%29.0%43.2%39.1%
フリースロー成功率84.8%75.9%90.8%88.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA