【スポンサーリンク】

ルディ・ゴベールがジャズを批判?「互いのためにプレイしないと」

ルディ・ゴベールがジャズを批判?「互いのためにプレイしないと」

NBAチャンピオンを目指すユタ・ジャズは現地29日、ロサンゼルス・クリッパーズにまさかの大逆転負けを喫してしまった。

一時は25点ものリードを奪いながらも勢いに乗ったクリッパーズを止めることができず、NBAプレイオフに向けて手痛い敗戦を喫したジャズ。

NBAオールスターセンターのルディ・ゴベールは、一貫したパフォーマンスができていないジャズに不満を感じているのかもしれない。

ゴベールはクリッパーズ戦を終えた後、ジャズについて次のように指摘したという。The Salt Lake Tribuneが伝えている。

誰も相手に立ち向かっていない。

僕たちは自分たちの手を汚していない。

まったく手を汚していない。

僕たちはすごく良いバスケットボールチームさ。

だが、僕は毎晩怒りが湧く。

相手は毎晩、当然のように僕を倒そうとしてくる。

それがバスケットボールゲームであり、バスケットボールはフィジカルなゲームだ。

だが、僕たちは相手に対してそうできるようにならなければならない。

相手は僕たちがそうしないと思っている。

僕たちは本当に良いバスケットボールチームであり、素晴らしい選手が揃っていると思うよ。

ただ、もっと互いのためにプレイし、それを48分間続けるというマインドセットを持たなければならない。

厳しい状況になったこそ、そうしなければならないんだ。

厳しい状況になると、僕たちは逆のことをやってしまう。

選手間の繋がりが失われ、それがディフェンスに影響を及ぼしてしまっている。

僕たちなら立ち直れると思うが、「失うものは何もない」と言えるまで傷付かなければならない時がある。

僕たちはそういうマインドセットを持たなければならない。

ゴベールによると、ダーティープレイを仕掛けるという意味ではなく、もっと泥臭くプレイし、タフなメンタルを持たなければならないという。

NBAプレイオフが迫ってきている中、5連敗と調子を落としてしまっているジャズ。

果たしてNBAオールスターのゴベールとドノバン・ミッチェルを中心としたジャズは、ここから立て直すことができるだろうか?

なお、ゴベールの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数60605
平均出場時間32.129.9
平均得点15.212.4
平均リバウンド14.6
(キャリアハイ)
11.6
平均アシスト1.11.3
平均スティール0.70.7
平均ブロックショット2.22.2
平均ターンオーバー1.81.6
FG成功率71.0%
(キャリアハイ)
65.2%
フリースロー成功率69.3%
(キャリアハイ)
63.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA