【スポンサーリンク】

レイカーズがクラッチスポーツ社を非難?

レイカーズがクラッチスポーツ社を非難?

ロサンゼルス・レイカーズは昨年夏、ワシントン・ウィザーズとのトレードでNBAスターのラッセル・ウェストブルックを獲得した。

ウェストブルックのトレードにはレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、彼らのエージェントを務めるクラッチスポーツ社の力が働いたと見られているが、彼らの目論見は失敗に終わったと言えるだろう。

この結果を受け、レイカーズとクラッツスポーツ社の関係に亀裂が入ってしまったのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、レイカーズのフロントオフィスにはウェストブルックのトレードを強要したクラッチスポーツ社を非難しているメンバーがいるという。

とはいえ、最終的な決定権はクラッチスポーツ社ではなくレイカーズにある。

クラッチスポーツ社を非難するのは筋違いのような気もするが、もしこれが事実なら、レイカーズのフロントオフィスにはブレない姿勢が求められるだろう。

デイビスは今季終了後、ジェイムスと共に来季について話し合うことを明かした。

おそらくロスターについても話し合うと見られるが、レイカーズのフロントオフィスには適切な決定を願いたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA