【スポンサーリンク】

ウィザーズはラッセル・ウェストブルックとブラッドリー・ビール中心のロスター構成を計画していた?

ウィザーズはラッセル・ウェストブルックとブラッドリー・ビール中心のロスター構成を計画していた?

このオフシーズン中に最も振り回されたNBAチームはワシントン・ウィザーズだったのかもしれない。

ブラッドリー・ビールにトレード要求の噂があがると、NBAドラフト数時間前にラッセル・ウェストブルックがトレードでロサンゼルス・レイカーズに移籍。

これにより、ウィザーズはロスター構築の計画を立て直さなければならなくなったようだ。

RealGMによると、ウィザーズはNBAドラフト前日までウェストブルックとビールを中心としたロスター構成にする計画を話し合っていたという。

ウィザーズはウェストブルックとビールをサポートできるNBA選手を獲得すべく、トレードの計画を話し合っていたというが、計画の立て直しを余儀なくされたのは間違いないだろう。

一方、レイカーズはバディ・ヒールドを獲得すべく、カイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレルをトレード要員としてサクラメント・キングスと交渉していたが、ウェストブルックを獲得できるチャンスがあると分かると、計画を急遽変更。

トレード要員としてキングスにオファーしていた3人をウィザーズに放出し、ウェストブルックを獲得した。

レブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスはトレードの2週間前にウェストブルックと面会し、レイカーズでの結集を誓ったというが、レイカーズにはその時にウェストブルックの情報が届いていたのだろう。

いずれにせよ、ウィザーズにとって難しいオフシーズンとなってしまったのは間違いなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA