【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック「パニックになってはダメだ」

ラッセル・ウェストブルック「パニックになってはダメだ」

現地26日に行われたサクラメント・キングス対ロサンゼルス・レイカーズ戦は、トリプルオーバータイムの末にアウェイのキングスが勝利した。

レイカーズは第4Q中に一時13点のリードを奪ったものの、またしてもリードを守ることができず、勝率は再び5割を切ってしまった。

だが、29得点、10リバウンド、11アシストと気を吐いたラッセル・ウェストブルックによると、レイカーズはパニックになるべきではないという。ウェストブルックのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

僕たちは危機感を持っている。

だが、逆境があることや、過程でアップダウンがあることも理解している。

僕がやっていることのひとつは、絶対に、絶対に、絶対にパニックにならないということだ。

パニックになってはダメだ。

全員が団結しなければならない。

絶対に分裂してはならない。

外部の人々がどう思っていようとね。

シーズンは長いんだ。

ただ、僕たちはホームを守るという危機感を持ち、勝利しなければならない。

なかなか波に乗ることができないレイカーズでは、早くもフランク・ボーゲルHC解任説が浮上している。

このような時はチーム内部が分裂してしまいがちだが、経験豊富なNBA選手が集まったレイカーズには一致団結して乗り越えてもらいたいところだ。

なお、ウェストブルックの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数21964
平均出場時間36.334.8
平均得点20.423.1
平均リバウンド8.57.4
平均アシスト8.78.6
平均スティール1.31.7
平均ターンオーバー4.84.1
FG成功率43.8%43.7%
3P成功率31.2%30.6%
フリースロー成功率70.3%78.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA