【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデン「プレッシャーも何も感じない」

ジェイムス・ハーデン「プレッシャーも何も感じない」

シーズン中のトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍したジェイムス・ハーデンには、チームに悲願のNBAタイトルをもたらす働きが期待されている。

ハーデンは最高の賞であるMVPの受賞歴はあるものの、NBAチャンピオンになったことはない。

多くのシクサーズファンはハーデンに大きな期待を寄せているだろうが、ハーデンによると、プレッシャーはまったく感じていないという。

「シクサーズの一員として何か証明することはある?」と質問されたハーデンは、次のようにうコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ノー。

ないよ。

僕個人としては、コートに出て良いプレイをし、できる限り貢献したいと常に思っている。

コートに出て自分のプレイをし、チームの勝利を助けるために努力する。

プレッシャーはまったく感じていない。

そういったものはまったく感じていないよ。

僕はまだチームメイトたち、コーチたち、イン&アウトのプレイを学んでいるところだ。

急がなければならない。

なぜなら、ポストシーズンはすぐそこに迫っているからね。

だが、たいていはすごくうまくいっているよ。

僕はベストバージョンの自分になる方法を見つけているところであり、フィリーにチャンピオンシップをもたらす方法を見つけているところさ。

それが目標だ。

やらなければならない仕事はたくさんあるが、僕たち全員が自信を持っている。

シクサーズがファーストラウンドで対戦するのは、若手中心のチームに生まれ変わったトロント・ラプターズ。

シクサーズではNBA屈指のディフェンダーであるマティス・サイブルがロードゲームに出場できないため、シクサーズは厳しい戦いを強いられるかもしれない。

だが、ハーデンとシクサーズはファーストラウンドが始まる前に調整を済ませ、最高の状態で第1戦を迎えることだろう。

なお、ハーデンのシクサーズ移籍後とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数21942
平均出場時間37.734.6
平均得点21.024.9
平均リバウンド7.15.6
平均アシスト10.56.8
平均スティール1.21.5
平均ターンオーバー3.43.8
FG成功率40.2%44.2%
3P成功率32.6%36.1%
フリースロー成功率89.2%86.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA