【スポンサーリンク】

ギャリソン・マシューズがセルティックスからの2ウェイ契約オファーを拒否?

ギャリソン・マシューズがセルティックスからの2ウェイ契約オファーを拒否?

ボストン・セルティックスは現地16日、ギャリソン・マシューズ、テオ・ピンソン、クリス・クレモンズ、ルーク・コーネットをウェイブした。

セルティックスはピンソン、クレモンズ、コーネットをGリーグに送ると見られているが、マシューズはGリーグでプレイすることを望まず、スタンダード契約を求めているのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、マシューズはセルティックスから2ウェイ契約をオファーされたものの、スタンダード契約を望み、オファーを断ったという。

2ウェイ契約であっても、シーズン中にスタンダード契約に変更される可能性はある。

だが、セルティックスはサラリーキャップの問題を抱えており、マシューズ陣営はセルティックスが2ウェイ契約をスタンダード契約に変更しないと考え、他の機会を探すことを決断したという。

また、2ウェイ契約を結んでいるサム・ハウザーがマシューズと似たタイプの選手であることも、マシューズがオファーを断った要因のひとつと報じられている。

間もなく25歳になるマシューズは海外でのプレイを検討しておらず、あくまでNBAでプレイすることに固執しているというが、果たしてNBAチームとの契約を勝ち取ることはできるだろうか?

なお、マシューズの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数6482
平均出場時間16.215.4
平均得点5.55.5
平均リバウンド1.41.4
平均アシスト0.40.4
平均スティール0.50.5
平均ターンオーバー0.20.2
FG成功率40.9%41.3%
3P成功率38.4%38.9%
フリースロー成功率88.4%89.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA