【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスが近い将来NBAチームのオーナーに?

レブロン・ジェイムスが近い将来NBAチームのオーナーに?

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは以前、NBAチームのオーナーになることが夢のひとつであることを明かした。

ジェイムスはまだ現役選手であるため、すぐにNBAチームのオーナーになることはないだろう。

だが、夢を実現させるために着々と準備を進めているのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ジェイムスのパートナーであるフェンウェイ・スポーツグループは今週、NHLのピッツバーグ・ペンギンズの過半数の株式を取得することで合意したという。

フェンウェイ・スポーツグループはすでにMLBのボストン・レッドソックス、およびイングランド・プレミアリーグのリバプールFCも所有。

ペンギンズの株式取得が正式に完了した後は、2022年中にNBAチームの株式取得も狙うと報じられている。

現役NBA選手がNBAチームやWNBAチームのオーナーになることは原則禁止となっているが、選手が直接オーナー権を取得するのではなく、他の企業を通すなど間接的であれば、5%未満の株式を取得することが可能だ。

ただし、それが実現するには時間がかかる見込みであり、ジェイムスはその時にはすでにNBAを引退しているかもしれない。

なお、ジェイムスは今年3月、NBAチームのオーナーになることについて以下のように語っていた。

いつも言っている。

僕の目標はチームを所有すること、NBAチームを所有することだ。

僕ならこのゲームにたくさんのものをもたらすことができる。

このレベルでの勝ち方を知っている。

タレントを理解している。

ビジネスのやり方も知っている。

だからこそ、それが僕の目標なんだ。

僕の目標はNBAフランチャイズを所有すること。

遅かれ早かれ実現するだろうね。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA