【スポンサーリンク】

バム・アデバヨがトレードされる寸前だった過去を明かす

バム・アデバヨがトレードされる寸前だった過去を明かす

マイアミ・ヒートのバム・アデバヨは、NBAを代表するビッグマンのひとりだ。

NBAオールスターのジミー・バトラーとともにヒートを牽引する選手に成長し、さらなる飛躍が期待されているアデバヨ。

そのアデバヨが、トレードされる寸前だった過去を明かした模様。

アデバヨによると、ヒートは2018-19シーズン中にジミー・バトラーの獲得を狙い、アデバヨをトレード要員としてピックアップしていたという。アデバヨのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

当時のミネソタ(・ティンバーウルブズ)の状況については、君たちも耳にしていたと思う。

クレイジーだった。

なぜなら、ジミーを獲得するために僕はミネソタにトレードされる寸前だったからね。

パット(・ライリー球団社長)が僕をトレードさせなかった。

彼は「だめだ。この若者は素質を持っている」という感じさ。

当時は焦ったよ。

僕はマイアミが好きだ。

マイアミの気候は温暖だし、当時はまだNBAに来たばかりだったからね。

僕はこの場所に慣れ親しんだんだ。

バトラー獲得を求めたヒートはアデバヨをトレード要員から外し、ジョシュ・リチャードソン、ディオン・ウェイターズ、NBAドラフト指名権をパッケージにしてオファーしたという。

その結果、ウルブズはフィラデルフィア・セブンティシクサーズとのトレードに応じることになったわけだが、ヒートはその半年後にバトラーをトレードで獲得することに成功した。

つまり、アデバヨを放出することなくバトラーを獲得できたわけであり、ライリー球団社長のファインプレイだったと言えるだろう。

アデバヨはヒートに悲願のNBAタイトルをもたらし、ライリー球団社長に報いることを誓ったに違いない。

なお、アデバヨの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数56343
平均出場時間32.628.2
平均得点19.1
(キャリアハイ)
13.5
平均リバウンド10.18.3
平均アシスト3.43.5
平均スティール1.4
(キャリアハイ)
1.0
平均ブロックショット0.80.9
平均ターンオーバー2.62.1
FG成功率55.7%55.8%
フリースロー成功率75.3%74.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA