【スポンサーリンク】

ドック・リバースHCがジェイムス・ハーデンに「もっとアグレッシブにプレイしてほしい」

ドック・リバースHCがジェイムス・ハーデンに「もっとアグレッシブにプレイしてほしい」

NBAオールスターのジョエル・エンビードとジェイムス・ハーデン擁するフィラデルフィア・セブンティシクサーズはここ5試合で2勝3敗と、やや調子を落としている。

トレードでハーデンを獲得した後は絶好調だったものの、ここに来て勢いに陰りが見え始めたシクサーズ。

その要因のひとつは、ハーデンがプレイメイクに専念しすぎていることなのかもしれない。

シクサーズを指揮するドック・リバースHCによると、ハーデンにはポイントガードの役割ではなくアグレッシブに攻め込むプレイを望んでいるという。リバースHCのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

昨日(オーランド・マジック戦)の彼は、よりパサーの役割を担っていたと思う。

私はそれがあまり好きではない。

彼にはそう伝えた。

彼にはもっとアグレッシブになってほしい。

彼の能力と本能は素晴らしい。

どこにパスを出せば良いのか分かっているし、(マジック戦の)第4Qはよりアグレッシブにプレイしていた。

私はポイントガードのバージョンの彼よりアグレッシブなバージョンの彼のほうが好きだ。

なぜなら、いずれにせよ彼はポイントガードとしてプレイするだろうからね。

今季はタイリース・マキシーがスコアラーとしての能力を開花しつつあり、ハーデンは自らスコアリングを狙うのではなく、マキシーもしくはエンビードにボールを渡すことも少なくない。

だが、ハーデンはNBA屈指のプレイメイカーであると同時にスコアラーでもあるため、リバースHCはハーデンにスコアリングを求めているのかもしれない。

ハーデンがスコアラーの役割をより担うようになれば、シクサーズはさらに強力なオフェンスを手にすることだろう。

なお、ハーデンのシクサーズ移籍後とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

シクサーズ移籍後NBAキャリア
出場試合数8929
平均出場時間37.034.6
平均得点23.025.0
平均リバウンド7.45.6
平均アシスト10.56.7
平均スティール1.41.5
平均ターンオーバー3.13.8
FG成功率43.2%44.3%
3P成功率39.2%36.2%
フリースロー成功率89.5%85.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA