【スポンサーリンク】

タイソン・チャンドラー「マブスをできる限り手助けしたい」

タイソン・チャンドラー「マブスをできる限り手助けしたい」

元NBA選手のタイソン・チャンドラーには、古巣ダラス・マーベリックスのコーチングスタッフ就任の噂が出ていた。

チャンドラーはコーチングスタッフに正式就任していないものの、マブスのトレーニングキャンプに参加し、選手たちを指導している。

チャンドラーによると、将来的にマブスのコーチングスタッフになるかは分からないが、少なくとも今はマブスの選手たちと元チームメイトのジェイソン・キッドHCを手助けしたいと考えているという。チャンドラーのコメントをmavs.comが伝えている。

僕はできる限り手助けしたいと思っている。

ジェイソンから電話があり、こう言われたんだ。

「君は今何をしているんだい?」とね。

僕は「何もしていない。ワークアウトしている」と答えたら、「それなら来てくれ」と言われたよ。

だから僕は彼の側に行き、僕の知識を提供しているんだ。

できる限り手助けしたいと思っている。

一方、キッドHCはチャンドラーについてこう語った。

手助けすることにより、彼はこの仕事が好きかどうか確認したかったのだろう。

我々のビッグマンを助けることができる人間がいるのは、我々にとって幸運なことだ。

昨日、我々の選手たちが彼のことを話していたが、それを聞いて私も嬉しかったよ。

タイソンが正しいことをしている証だからね。

キッドHCはクリスタプス・ポルジンギスをパワーフォワードのポジションで起用し、ドワイト・パウエルをセンターのポジションでプレイさせることを明かした。

これによりスターターのサイズは格段にアップするため、ビッグマンたちかかる期待はますます大きくなるだろう。

マブスをNBAチャンピオンに導いた実績を持つチャンドラーには、ビッグマンたちの成長を加速させる働きを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA