【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード「ジェイムス・ハーデン獲得については直前まで知らなかった」

ジョエル・エンビード「ジェイムス・ハーデン獲得については直前まで知らなかった」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズは先月のトレードでNBAオールスターのジェイムス・ハーデンとポール・ミルサップを獲得し、ベン・シモンズ、セス・カリー、アンドレ・ドラモンドを放出した。

シクサーズは以前からハーデン獲得を狙っていたため、念願叶ってのトレードだったと言えるだろうが、NBAオールスターのジョエル・エンビードはハーデンのトレード交渉にまったく加わっていなかった模様。

エンビードは責任を取らなければならないことを嫌っているため、自らNBAスターを勧誘するようなことはしないという。エンビードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

正直に話すが、(トレードの直前まで)どうなっているのかまったく知らなかった。

僕はそういった話に入り込みたくないんだ。

なぜなら、その責任を負いたくないからね。

知っての通り、誰かを選び、成功することができなかったら、責任を負わなければならない。

だが、トレードを知った時、僕は「何だって?あのジェイムス・ハーデンか。彼が過去に何をやったのか、僕たちは知っている」という感じさ。

彼とは対戦したことがあったし、僕は常に彼にトラッシュトークを仕掛けようとしていた。

ただ、彼のことはあまり知らなかった。

だが、彼を獲得した時は興奮したよ。

本当に嬉しかった。

なぜなら、僕たちには大きな穴があいていたからね。

僕たちはその穴をジェイムス・ハーデンで埋めたんだ。

エンビードによると、シクサーズの選手たちはハーデンのトレードが発表するとすぐに両手を広げて歓迎したという。

とはいえ、ハーデンをトレードで獲得したことが成功か否かが分かるのは、まだ先の話だ。

果たしてシクサーズは悲願のNBAタイトルを獲得し、ハーデンのトレードが成功だったことを証明できるだろうか?

なお、ハーデンのシクサーズ移籍後とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

シクサーズ移籍後NBAキャリア
出場試合数14935
平均出場時間37.634.6
平均得点22.425.0
平均リバウンド7.65.6
平均アシスト9.96.8
平均スティール1.51.5
平均ターンオーバー3.33.8
FG成功率41.5%44.3%
3P成功率34.8%36.2%
フリースロー成功率89.1%85.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA