【スポンサーリンク】

CJ・マッコラムがトレードの噂について「なるようになる」

CJ・マッコラムがトレードの噂について「なるようになる」

ポートランド・トレイルブレイザーズのCJ・マッコラムには、トレードの噂が浮上している。

マッコラムはNBA屈指のスコアラーではあるものの、デイミアン・リラードとマッコラムのバックコートでNBAプレイオフを勝ち進むことができていない。

そのためブレイザーズはマッコラムをトレードで放出し、新たな血を入れると噂されているが、マッコラムは現状をどう見ているのだろうか?

マッコラムによると、トレードの噂に振り回されることなく、ただ向上することに専念しているという。マッコラムのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

いつもと同じように見ている。

僕にコントロールできることをコントロールする。

自分のゲームに取り組み続け、この夏の時間を活かして向上しようとしている。

自分の仕事をしているんだ。

結局のところはなるようになる。

この状況に満足しているよ。

成長する方法を見つけることができているし、8年連続でNBAプレイオフ進出に貢献できているし、6年連続でスターターとしてプレイしているからね。

再びプレイオフに進出するというチャレンジを楽しみにしている。

マッコラムによると、長年共にプレイしてきたリラードとのケミストリーに問題はないものの、チームとしてディフェンスを改善しなければならないという。

マッコラムがブレイザーズに残留したとしても、チームとして結果を残すことができなければ、トレードの噂は再び加熱するだろう。

それを避けるためにも、マッコラムとしてはせめてNBAプレイオフファーストラウンド突破に貢献したいところだ。

なお、マッコラムの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数47528
平均出場時間34.031.2
平均得点23.1
(キャリアハイ)
18.9
平均リバウンド3.93.4
平均アシスト4.7
(キャリアハイ)
3.3
平均スティール0.90.9
平均ターンオーバー1.41.7
FG成功率45.8%45.5%
3P成功率40.2%39.8%
フリースロー成功率81.2%82.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA