【スポンサーリンク】

NBAがアウト・オブ・バウンズのレビュールール変更か?

NBAがアウト・オブ・バウンズのレビュールール変更か?

NBAゲーム終盤の2分間は、レフェリーはアウト・オブ・バウンズの判定を巡り、映像でレビューすることができる。

だが、レビューが頻繁に行われることで試合の流れが停滞するケースも少なくない。

選手たちだけでなくNBAファンにとってもうんざりするような時間となることが多いが、このルールが変更されるかもしれない。

hoopsrumors.comによると、試合終盤におけるアウト・オブ・バウンズのレビューに関するルール変更を認めるか否か、NBA理事会は今月末に投票を行う予定だという。

ルールの変更が承認された場合、アウト・オブ・バウンズのレビューを行うためにはコーチのチャレンジが必要となる。

チャレンジに失敗すればタイムアウトが没収されるため、アウト・オブ・バウンズのレビューの回数は自ずと減少するだろう。

そのぶんレフェリーのミスジャッジに対する批判が強まるかもしれないが、試合終盤の緊迫した状況を停滞させないためにも、NBAファンとしてはこのルール変更は歓迎したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA