【スポンサーリンク】

デイミアン・リラード「チームに不満があるわけではない」

デイミアン・リラード「チームに不満があるわけではない」

NBAオールスターポイントガードのデイミアン・リラード擁するポートランド・トレイルブレイザーズは、8年連続でNBAプレイオフに進出している。

だが、その間NBAファイナルに進出したことは一度もなく、ここ2年はファーストラウンドで敗退。

チャウンシー・ビラップスHC体制で戦っている今季は11勝18敗と厳しい戦いを強いられていることから、ロスター再編の噂が浮上している。

そんな中、ブレイザーズを牽引するリラードが現状について言及した模様。リラードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕たちは新しいオフェンスに取り組んでいる。

新しいプレイだ。

リーダーである僕は、それを担わなければならない。

僕がどのような状態に見えるとしても、オフェンスに苦しんでいるとしても、僕はコミットしていることを示さなければならない。

たとえシュートをミスしようと、僕が引き受けなければならない。

人々は「デイムは不満を持っている」と言う。

僕は負けることと、僕自身が最高のプレイをしていないことに不満を感じる。

だが、チームに不満があるわけでも、他のチームに目を向けているわけでもない。

それは僕ではない。

タフな状況に置かれるのは初めてではないんだ。

リラードはブレイザーズに不満を持ち、トレードを要求すると噂されていた。

だが、リラードはトレード要求の噂が出るたびに否定。

少なくとも今はブレイザーズの一員としてプレイし続けることにコミットしており、これからもチームのために全身全霊で戦い続けるに違いない。

なお、今季ここまでの戦いを受け、ブレイザーズにはビラップスHC体制を解体する噂が浮上しているが、現時点ではロスター調整によって立て直しを図る可能性が高いと見られている。

リラードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数23705
平均出場時間36.336.3
平均得点22.024.6
平均リバウンド4.24.2
平均アシスト7.76.7
平均スティール0.6
(キャリアワースト)
1.0
平均ターンオーバー2.82.8
FG成功率38.4%
(キャリアワースト)
43.7%
3P成功率30.5%
(キャリアワースト)
37.2%
フリースロー成功率88.6%89.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA