【スポンサーリンク】

ケンバ・ウォーカーのトレードは市場価値の低下により困難?

ケンバ・ウォーカーのトレードは市場価値の低下により困難?

ニューヨーク・ニックスのトム・ティボドーHCは先日、元NBAオールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーをローテーションから外したことを明かした。

その後、「私はケンバをスターターとして見ている」とし、ベンチ選手として起用することは考えていないことを明かしたわけだが、出場機会を失ったウォーカーにトレードの噂が浮上。

しかし、ウォーカーのトレードが実現するのは難しいのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ウォーカーが膝に大きな問題を抱えていることが影響し、他のNBAチームはウォーカーに関心を持っていないという。

ニックスはオフシーズン中にウォーカーを獲得し、NBAオールスターフォワードのジュリアス・ランドルにかかる負担を軽くする予定だった。

だが、膝に問題を抱えているウォーカーは安定して試合に出場することができず、ニックスの期待に応えることができずにいる。

ウォーカーが今後NBAオールスターのフォームを取り戻す可能性はあるものの、他のNBAチームとしてはそれ以上に膝の問題を懸念しているのだろう。

果たしてウォーカーは残りのシーズンを全休し、ジョン・ウォールのような難しいNBAキャリアを強いられてしまうのだろうか?

なお、ウォーカーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数18722
平均出場時間24.533.5
平均得点11.7
(キャリアワースト)
19.7
平均リバウンド2.6
(キャリアワースト)
3.8
平均アシスト3.1
(キャリアワースト)
5.3
平均スティール1.11.3
平均ターンオーバー1.32.1
FG成功率42.9%41.9%
3P成功率41.3%
(キャリアハイ)
36.1%
フリースロー成功率80.0%84.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA